旅行記:オーストラリア(1998)

1998年くらいに家族で行った。
シドニーとゴールドコーストに出かけた。

当時、弟がまだ幼児だったのもあり、ツアーでバスで移動して回った。

その際のバスのまわり方やツアーの人の態度を見て子供ながらに違和感を感じたのだ、「この旅は本当のオーストラリアを見られているのだろうか?」と。

ただ観光シンボルだけを回って写真を撮って、更にお土産屋もツアーバスが決めたところだけを回っていて、なんだか私はハリボテのオーストラリアしか見ていないような気がしたのだ。
この判断が正しいかどうかは置いておいて、この経験が今の自分と繁がっている事だけは間違いない。
そして、今の自分は幸せであることを考えると、子供のころにこういう形でツアーに連れて行ってくれた親には本当に感謝している。

ABOUTこの記事をかいた人

金融機関で日本・NYで機関投資家としてファンドマネジャーの仕事に従事。傍らコスプレイヤーとして活動し、200着以上の衣装を自作。学生時代にロシアやイスラエル等の世界40ヶ国近くをバックパックで一人旅して現地語を覚えた経験を活かし、今はゲストとしても世界各国のイベントに出向く。>>お問合せは各種DMもしくはcontact@hikarigreen.comにて。